ホーム>活動報告


平成21年11月定例議会が開催

11月24日(火)〜12月11日(金)までの18日間、11月定例議会が開催され、11月27日(金)には@矢上大橋の無料化についてA有害鳥獣(イノシシ)対策についてB斜面住宅地の狭あい道路政策についてC職員採用についての四項目について、市政一般質問をおこないました。
  特に、これまで私が質問してきた一芸に秀でた職員の別枠による採用については、来年度新規採用職員から一芸に秀でた職員を別枠で採用することが答弁としてあり、スポーツや芸術において活躍している人材の採用に一歩前進しました。
平成21年11月議会 質疑応答

◆ 定例議会の様子 ◆

  

平成22年2月定例議会が開催

平成22年2月定例議会が閉会

 

文教経済委員会で視察

4月14日(水)〜16日(金)の3日間、@宮城県白石市の生ごみ資源化事業所(シリウス)と、A新潟県見附市において学校・地域共創教育システム開発事業について、視察研修をしてきました。


@宮城県白石市の生ごみ資源化事業所(シリウス)は、生ごみを他の燃やせるごみと一緒に焼却せず、コンポスト化だけでなく、ガスの精製や熱を利用による隣接する給食センターやイチゴ・大根施設園芸への利用がなされていました。まだ、焼却コストに比べると、2倍のコスト高になり、実用化へは遠い感じがしましたが、見学に来る市民(特に小学生)への環境意識付けには大いに役に立っており 、あと10年もしたら、その子どもたちが環境問題について実践する市民になっていることを期待しているとのことでした。
A新潟県見附市において学校・地域共創教育システム開発事業は、現場視察ということで見附市立田井小学校を視察しました。教育長からの説明があり、各小学校ごとに地域から教育コーディネーターを2、3人選任し、地域と学校、行政が一緒になって子どもを育てていくというものでした。見附市では全小学生に読書を推進しており、子どもたちに読書の計画を立てさせていることから、当日は地域の人たちによる読み聞かせが行われていました。
◆ 視察の様子 ◆





議会の報告や、野口達也の主張など公開していきます!
是非、このブログもご覧ください!
左のバナーをクリックすると、ブログページへ移動します。





▲ページの先頭へ戻る